ブログ

 
フォーム
 
尺八・ギターの演奏ボランティア活動を見学しました
2019-01-23
尺八・ギターの演奏ボランティア活動を見学しました。
もともと同じ写真クラブに所属していた友人同士の中尾さんと青山さん。それぞれの趣味の尺八・ギターで何かできないかと2017年からボランティア演奏活動を始めました。
 
 本日はオレンジ池田での演奏会。ギターソロ曲、尺八ソロ曲、ギターと尺八の合奏曲と、合計6曲を演奏しました。どこか懐かしい尺八とギターの響きに、聞き入っている方、一緒に歌う方。曲の紹介や小話も交えながらあっという間に時間が過ぎました。
 
演奏後にお二人にお話を伺いました。
「せっかく楽器を持っていても、こういう機会が無ければ人前で演奏することは無かった。」
「演奏中に涙を流してくれた方がいて、やっていてよかったと思った。」
と、ボランティアのやりがいについて話してくださいました。
 
現在、年に4~5回程度のペースで池田市内の施設を公演をして回っています。
自分のペースで、自分の趣味を活かしたボランティア活動。とても素敵でした。
 
アロマ・ハンドマッサージのボランティア活動を見学しました
2019-01-23
昨年アロマ・ハンドマッサージボランティア体験講座を実施し、たくさんの方から参加申し込みを頂きました。本日は昨年の受講生によるボランティア活動に同行しました。
 
場所は講座の実習でもお世話になったオレンジ池田です。お話をしながらマッサージをすると利用者さんの手が温かくなっていくのが分かります。アロマオイルの良い香りでリラックスしながら、優しい時間が流れていました。
 
私も今回、初のマッサージ体験をしました。初めは緊張しましたが、相手の方が喜んでくれるのが分かると嬉しかったです。
 
来年度も色々なボランティア講座を行う予定です。ボランティアセンター情報「ふれあい」や、このホームページで公表する予定ですので、時々チェックしてくださいね。
 
点訳サークル「むつらぼし」の秦野小学校での活動を見学しました
2019-01-16
「むつらぼし」は視覚障がい者のために言葉や文字を点字に訳す、『点訳』活動を行っているセンター登録のボランティアグループです。小中学校の副教材、小説などの点訳が活動のメインですが、時々市内の小学校や高校で、児童・生徒に向けて点訳の指導を行っています。本日は秦野小学校での活動を見学しました。
 
秦野小学校では11月に視覚障がい当事者が各クラスに1人講師として来校し、手引き(ガイドヘルプ)のやり方や、目が見えない・見えにくい人の生活について学びました。
本日は、クラスに来てくれた当事者の方へのお礼の手紙を点字で打つ日です。児童は事前に点字の打ち方を勉強しましたが、打ち進めていくと分からないところが出てきます。むつらぼしの皆さんは打ち方を細かくアドバイスする「点字の先生」として授業に参加しました。
 
心を込めて書いた手紙を視覚障がい当事者へちゃんと伝えられるよう、真剣に点字を打ち続ける子どもたちの集中力に、むつらぼしの皆さんも、担任の先生も驚いていました。
お礼の気持ちが講師の皆さんにきっと届くと思います。
 
点訳サークル「むつらぼし」の活動に興味のある方は、池田市ボランティアセンターまでお問い合わせください。
 
演奏ボランティア オリオンの活動を見学しました
2019-01-09
オリオンは池田市内の施設やイベントなどでピアノ・オカリナ・手話歌などを織り交ぜた演奏活動を行っている二人組です。本日は古江保育所の1月生まれの子どものお誕生会があり、そこでの活動を見学しました。
 
ドレスを着たお二人が登場するやいなや、子どもたちは「キレイ!」「オシャレ!」「私もあんな服着たい!」と口々に大きな声を出して大興奮です。
 
子どもにお馴染みの曲をみんなで歌ったり、オカリナの本格的な演奏を聴いたり、手作り紙芝居を開きながら、内容に合わせた演奏があったりと、盛沢山のステージでした。
最後はトトロの「さんぽ」を全員で合唱し、大盛り上がりでお誕生会は終わりました。
 
オリオンのメンバーは『さおり』さんと『かおり』さんのお二人です。2人の『おり』達が『おん』楽を奏でるオリオンは、「池田を音楽であふれる町にしたい」という思いでこの活動を続けているそうです。
 
オリオン以外にも色々なボランティアサークルや、個人ボランティアさんが池田市内の施設で演奏や出し物などをして活躍しています。『どんなボランティアさんが登録しているのか知りたい』、『出演の相談や依頼をしたい』などありましたら、池田市ボランティアセンターまでご連絡ください。
 
 
ほそごう学園 視覚障がい当事者との交流授業を見学しました
2019-01-09
池田市ボランティアセンターでは、学校や地域で行う福祉教育の当事者講師の紹介・調整や福祉授業の相談を行っています。本日は、ほそごう学園4年生と視覚障がい当事者との交流授業を見学しました。
 
4年生は昨年11月に三上さん、海老澤さんとの初めての交流授業を行い、目が見えない・見えにくい人の生活についてのお話を聞き、お手伝い(ガイドヘルプ)をする方法を学びました。
今回は2回目の交流授業。目が見えない・見えにくい人と一緒に遊ぶ時間です。子どもたちが「こうすればみんなで一緒に遊べるんじゃないか?」と考えたゲームで2時間遊びました。
『音を頼りに探すかくれんぼ』『伝言ゲーム』『箱の中身を当てるゲーム』など、色々なゲームで2時間楽しく遊びました。でも、ゲームを進める中で、目が見えない・見えにくい人にとっては時々わかりにくいこともありました。
 
今回の遊びをふまえ、『どうすればみんなでもっと楽しく遊べるか』を子どもたちで考え、話し合い、もう一度三上さんと海老澤さんをクラスに呼んで、3回目の交流授業を行う予定です。
 
当事者講師のお二人は、「街中で視覚障がい者に声を掛けてくれる人が増えてくれると嬉しい」という思いで、市内の小学校・中学校・高校で活動されています。当事者と児童が触れ合うかたちの福祉授業は、市内の学校では始まって十数年になりますが、実際に街中で児童・生徒から「お手伝いしましょうか」と声を掛けられることが増えてきたそうです。
 
次はどんなゲームで遊ぶのか楽しみですね。
1
<<社会福祉法人池田市社会福祉協議会 池田市ボランティアセンター>> 〒563-0025 大阪府池田市城南3丁目1-40 池田市保健福祉総合センター1階 TEL:072-753-8858 FAX:072-753-3444